FC2ブログ

【本】天鏡のアルデラミン 14巻

著:宇野朴人

2016年にアニメ化もされたライトノベル「天鏡のアルデラミン」の完結編です。当然のことながら、アニメは途中までの分しか映像化していません。

全巻読んで振り返ると、アニメ化された部分はキャラクターの紹介程度の内容で、本格的に面白くなったのはその後からだとわかります。

伏線はきれいに回収され投げっぱなしのところはありません。各キャラクターに目配りがきいていて、単純な正義と悪に分割できない重層的な構造です。設定も壮大でありながら緻密でした。

素晴らしいシリーズです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle