FC2ブログ

【雑記】「星野君の二塁打」

昨日触れた朝日新聞社説余説の「脱メダル至上主義で行こう」で、引用しなかった部分で児童文学の「星野君の二塁打」なるものが紹介されていました。

(略)
小学校の道徳で定番だった「星野君の二塁打」を思い出す。道徳が「特別の教科」となり、改めて関心を集めた文章だ。
 同点で迎えた最終回、主人公は監督のバントの指示にそむいて二塁打を放ち、勝利の立役者になった。それなのに、「規則」を破りチームの統制を乱したという理由で、監督から厳しく叱責される。
 教科書は監督の行動に肯定的だが、最近の教育現場やスポーツ関係者からは批判が多い。とくに気になるのは個人の判断が良い結果を残しても、決まりを守らず、義務を果たしていないと批判され、しかられて当然、とされることだろう。組織の規律や利益を一方的に重視すれば、スポーツはおのずと窮屈になる。
 さらに言えば、監督の指示を絶対視するのはおかしいのではないか。作戦には成功も失敗もある。臨機応変であっていい。変化する状況の中で自ら考え、判断をする力を育むことが大切だ。ひたすら指示に従わせることは自由な発想や自立の芽を摘むことになる。
(略)


私は学校の道徳の授業でこの小説を読んだ記憶はありませんが、今回全文をネットで読むことができました。文学としての良し悪しではなく道徳の教材としてどう考えたかの私見です。


基本は、監督の指示に従うのが正しいのだと思います。従わなくていいなら監督というものが不要です。しかしすべての場面で、一挙手一投足を監督が指示するというのが現実的ではありません。ある程度は任せる部分があるのは当然です。

しかし、この場面は明確にバントの指示が出ていますので、破った選手は統制を乱したことになります。

窮屈だろうがなんだろうが、指示に背いたという事実に変わりはありません。


ただ、野球はゲームですので、楽しんで試合をして負けたら負けたで悔しいけれど仕方がない、という一面があります。

なんでもかんでも監督の指示通りにしなければいけないなら、楽しくはないでしょう。


これが仮に戦闘中の軍隊だったとします。陣地を防衛せよ、という命令を無視して敵陣に攻撃をして、それが原因で全軍敗走となったら、悔しいでは済みません。

現場の判断を神聖視して、命令違反をするのは極めて危険です。

この物語で学んだ子供たちが戦争に行くわけではありませんが、現実世界に出て直面する問題には、悔しいで済まないものがたくさんあります。


物語の中で選手が納得していないらしいのは、結果的にバントの指示を無視したことで試合に勝ったということです。

しかし、現実世界の問題は、必ずしも明確に結果がでるようなものではありません。

どういう基準で判断するか、どのタイミングで判断するか、というのが明確になっているわけではないのです。

野球の勝ち負けのような単純明快なものの方が少数です。


スポーツ選手としてこの振る舞いが正しいのかどうかは判断に悩みます。

しかし現実世界なら、基本上からの命令には従うべきで、それが納得できないなら、理由をあげて上と交渉することが望ましいと考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわです。

この記事はかの朝日新聞社ですから、ホンマはコメントする価値もないのですが…

恐らく、嘘を信じて国家を貶める失敗をしたって
その時点で信念に基づいていたのなら何ら恥ずべきことでもないし攻撃される謂れはない!
ということをいいたいのでしょうねえ。
自分たちがマスコミを堕落させ、国民にモラルハザードを育んだって、自覚すべきですけどねえ。

No title

この道徳教育は、日本国民は自分の頭で考えて判断なんかしてはいけません。おまえらは上からの命令に従うだけの奴隷です。という事を徹底するための物ですね。
私は、そんな国になんか住んでられませんから縁を切りました。

Re: No title

マイヤー様 山田様
コメントありがとうございました。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle