FC2ブログ

【本】居眠り磐音 決定版04 雪華の里

シリーズ第四弾です。

前回、藩の悪人を退けることに成功した主人公(磐音)は、身売りした許嫁を追って日本中を旅してまわります。その間に人助けをしたり、助けられたり、切り合いに巻き込まれたりと大忙しですが、結局許嫁を探し当てることはできませんでした。最後は、江戸の吉原に買われていったらしいことが判明しましたが、転売されている間に価格が高騰し、見受けするのもままならない額になってしまいました。千両を超えていますので、現在価値に換算すると1億円くらいでしょうか。とても浪人暮らしになんとかなる金ではありません。

映画「居眠り磐音」では、吉原の花魁となった許嫁を、胸かきむしられる思いで見つめる磐音の姿が描かれていました。となると、許嫁をかっさらって逃げる、という展開にはならないのかもしれません。

旧主は、磐音が帰参することを望んでいるみたいですが、磐音にその気はないようです。なにやら、藩の財政をなんとかするために外から尽力する心持ちのようです。

次巻以降のテーマは藩の財政立て直しになるのでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle