FC2ブログ

【時事問題】漫画のキャラ名に批判

2月4日朝日新聞朝刊『キャラに「丸太」、731部隊想起と批判 ジャンプ、コミックス収録時に変更へ』を引用します。

 3日発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載された人気漫画「僕のヒーローアカデミア」で、改造人間を生み出す医師が「志賀丸太」の名で登場した。旧日本軍の731部隊が戦時中、中国人捕虜らを「丸太」と呼んで生体実験を繰り返したとされることから批判が寄せられ、作者の堀越耕平氏は自身のツイッターで、名前を差し替える意向を明らかにした。
 発行元の集英社も3日、ホームページで「コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました」と発表。「過去の史実を想起させる」との指摘があったとして、「命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません」とした。731部隊では、軍医らがペスト菌やコレラ菌による細菌兵器を研究していた。
 マンガは「ヒロアカ」の愛称で知られ、単行本は25巻で累計2500万部が発行され、テレビアニメも放映されている。


記事ではどこから批判があったのか書いていませんが、ネットの情報では外国から指摘だったようです。

私見ですが、こういう苦情は相手をしているときりがありません。一切、無視すべきです。

これも記事には書いていませんが「志賀丸太」は悪役として登場してるようです。「マルタ」は被害者の暗号ですので、悪者につける必然性はありません。偶然ととらえるのが妥当です。文句をいうのは深読みしすぎであり、やや妄想が入っています。

こんなことで屈していては、”この善玉は、日本の戦犯がモデルだ”とか、”この悪者の名前は、わが国の指導者の名前を想起する”とかいって苦情が押し寄せることになります。

毅然としてはねのけるべきでした。

ところで、往年の名作漫画「バビル2世」(横山光輝)には、宇宙ビールスが、軌道がそれ地球に落下した人口衛星731にくっついて地上に侵入するというエピソードがありました。もちろん偶然なのでしょうが、これなんかも今だったら問題視されたかもしれません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle