FC2ブログ

【朝日新聞】教員は多忙なのか?

2月17日朝日新聞朝刊の記事「多忙すぎる教員、何とかしたい 通知表、年3回→2回 欠席連絡、電話→メール モデル校、1日1時間減」

 教員の多忙化を何とかしたいと、一般社団法人「日本教員多忙化対策委員会」が千葉県柏市と協定を結び、改革に取り組んでいる。モデル校の教員に密着し、通知表書きや部活動の時間を精選したところ、教員の1日当たりの平均在校時間は最も忙しい月で1時間ほど減った。この試みを今年、希望する自治体に拡大する計画だ。
(略)


まるで”学校の先生が忙しいキャンペーン”というのがあって、その一環の記事みたいです。

記事には、教員の平均在校時間のグラフが添付されていまして、月によって忙しさの度合いが違うことがわかるようになっています。しかし、私が注目したのは、個々の数字ではなく、脚注です。「夏休みを除く」と書いてありました。

働き方改革のかなめの一つは有給休暇を積極的に取ろう(取らせよう)ということです。夏休みの数値も議論には大事です。

繁忙期があるのは教員だけではありません。ピークの労働時間は低いことが望ましいですが、もっとも大事なのは年間の労働時間です。

”学校の先生が忙しいキャンペーン”では、常にこの視点を無視しています。一般人より長い夏休みがあり、一般人より長い正月休み(冬休み)があり、その上春休みまである教員なのですから、きちんと年間労働時間を計測しなければ不信感が増すだけです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

構造改革

 勤務時間
 勤務内容
など包括的な議論が必要だと思います。
そして、なにより授業の質の向上!

とくに小学校教員の質の劣化がひどいのでは?
たとえば、都市部では中学受験への対応ができない教員が多数!!

中学校入試問題(国数理社)は難解。
制限時間内に解けない教員が多数いて当然。原因は知力や経験の不足。

小学校教員免許の取得は容易で、しかも中学受験は教員養成カリキュラムに組み込まれていません。そのため、新人教員が中学入試をしたら、落ちる教員が多くいるはず。

対応を図るためには、科目別教員配置をする必要があるように思います。
一部私立小学校ではすでに導入しているようですが、公立では教科別教員配置ができていないようで

生徒が質問に来て、無能が露見してしまい、見放され
って、きついでしょうね、、、
でも、それは先生の責任ではなく、求められた質の違いで


硬直した教育を変えるためには、勤務時間の問題と同時に担当する教科内容についても議論する必要があるように思います。
せめて担当科目に関して、文系と理系に分けて、授業の準備や教務の時間を確保する試みをしたらどうでしょう?

Re: 構造改革

いつもコメントありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle