FC2ブログ

【朝日新聞】平野復興相、津波被害への発言で謝罪

朝日新聞の記事より

平野達男復興相(参院岩手選挙区)は18日、福島県二本松市であった参院民主党の研修会であいさつし、東日本大震災の津波被害について「逃げて生き延びた方々もいる。逆に私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる」と述べた。平野氏は同日夜、「不快な思いをされた方に心からおわび申し上げる」と謝罪した。
平野氏は研修会で「彼は亡くなったが、検証して次に役立てることが大きな課題だ」とも述べた。その後平野氏は藤村修官房長官から真意を説明するよう求められ、記者団に「高校の友人で『何で逃げなかったのかな』という思いがあって、個人的な思いが入ってしまった」と説明した。
自民党の大島理森副総裁は18日、「大臣として許されざる言葉だ。人を傷つける言葉を平気で言う野田政権に復興はできない。徹底的に大臣の資格を追及する」と記者団に語った。


何故逃げない人がいたかというのは検証するまでもないと思います。その場が安全だと思ったから逃げなかっただけです。津波が来ると分かった時点ではどの高さまで津波が押し寄せるか、誰も正確には予期できません。生き延びた人も具体的な根拠があって避難地点を決めたのではないはずです。誰もが、ここらへんまでくれば大丈夫だろうと思い、運が良かった人と悪かった人の違いがあるだけです。もちろん、家族を助けるために、危険を承知で逃げなかった人はいると思います。ただ、これは平野氏がいうところの”バカ”とは違います。

問題発言かどうかは別にして、平野大臣のいう"検証”には意味がないように思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle