FC2ブログ

【映画】インシテミル 7日間のデス・ゲーム

ネタばれありの感想です。

冒頭の雰囲気は緊張感がみなぎっていて良かったです。しかし、後半で失速します。出演した役者さんたちは熱演だったのに残念な作品でした。

骨格となる設定は次の通りです。
・この舘の出来事を一般に放映して運営している。つまりリアルタイムショーである。相当数の視聴者が存在している。
・今回のゲームは最低でも2回目である。前回も死者が出ている。
・今回の参加者は、これがリアルタイムショーだとは知らない。何かの実験目的で集められたと思っている。

今回の参加者は、このゲームが放映目的だと知らないのは不自然です。一般人が観ているのですから秘密ではないはずです。しかも今回が初めてのゲームではありません。

また、社会の枠組みの中で運営している以上、死者が出た段階で中止になるはずです。こうした殺人ゲームを許すような暗黒社会だという様子はうかがえません。我々の暮らす社会と同じかその延長にある社会のように思えます。それなのに実際に死者がでても中止にならないのも不自然です。

こうした無頓着さが、後半になって作品から緊張感を奪ってしまいました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle