FC2ブログ

【朝日新聞】大阪府教育基本条例:多様な価値観認めず時代錯誤

10月28日 朝日新聞朝刊 教育欄より。大阪府教育基本条例に関して、教育評論家の尾木直樹氏のインタビューです。引用します。

条例案は、教育委員会を悪者に仕立てて、多くの保護者が公教育に対して抱いている根強い不信や不満をうまくすくいあげているでしょ。選挙向けのアピールとしてはうまいけど、中身は目新しいものはないですね。根底にあるのは、有名大学への進学率やらテストの点数やらを物差しにした、古ーい学力観。厳しい人事評価や統廃合で学校や教師を追い立てる発想も昔からあるのよ。
―保護者の間にある公教育への不信や不満とは?
「尾木ママ」として知られるようになってから、若い親御さんたちの集まりに呼ばれる機会がすごく増えたのね。よく耳にするのは、「学校や先生はうちの子をちゃんと見てくれない」「ほったらかしにされている」といった声。「言いがかりでは?」と思える内容もあるけど、みんな切実なのよ。
―なぜ切実な不満が増えているのでしょうか。
今の若い親は、校内暴力やいじめの嵐が吹き荒れた1970~80年代を経験した世代。「学校や教師は助けてくれなかった」という思いが公教育不信につながっているのね。教育委員会相手に大立ち回りを演じる橋下知事の姿に溜飲を下げている人も多いと思いますよ。
―そんな親たちの不満を知っていても、条例案に反対?
時代錯誤なんだもの。国際競争に対応できる人材を育てるというけど、そんな手あかのついたエリート像に子どもを押し込めてどうするの。子どもは国や経済界の「手駒」じゃない。戦後の復興期や高度成長期ならともかく、今は価値観も多様で社会も複雑。勉強のできる秀才が勝ち組人生を保証されるわけじゃない。現に、有名大学でも就職できない人がいっぱいいるじゃない。教育は子どもたちの人生を豊かにするためのもので、もどかしくて当然なのよ。条例案にはそういう視点がないじゃない。
―親たちが不満を持っているダメな先生に、今の制度は甘いという声もあります。
頑張る先生の前向きな努力を引き出す評価方法を検討するのはいいと思うのよ。でも条例案のように、一律5%程度の教師を最低ランクの「D」評価にしなければいけないなんて、有害無益。抱えている事情は学校や先生ごとに様々なはずでしょ。頭のいい生徒を囲い込んで要領よく成果を上げる先生が得をして、問題のある生徒にじっくり向き合う先生が損をするようになったら退廃の極み。
私も昔、中学校教師でしたけど、荒れた生徒や問題のある生徒にこそ愛情が必要だと考え、寄り添い続けてきたつもり。でも大阪ではD評価かもねえ……。
(聞き手・阪本輝昭)




大阪府の教育改革が「多様な価値観を認めず時代錯誤」なものであったとしてもなんの問題もありません。

学校の中での評価として勉強ができることを評価するのは当然です。学校は勉強をするところだからです。これが相撲部屋であったら、勉強ができることより相撲が強いことが評価されます。学校には学校の価値基準があり、相撲部屋には相撲部屋の価値基準があります。別にどちらかが間違っているわけではありません。

社会は多様な価値観を認めるべきかもしれませんが、学校にそれを求めるのは筋違いです。


問題のある教師に厳しく評価するのが当然です。すべての職業で不適格な人間を排除するような仕組みが働かなければなりません。むしろ子供に直接の影響のある教師こそ、不適格者を排除する仕組みが備わっているべきです。

ただし、一律5%を「D」評価にせよ、というのは疑問があります。問題のある教師が5%未満であることもあり得るのですから。


尾木氏は、「問題のある生徒にじっくり向き合う先生」が低い評価になると勝手に決めていますが、根拠が示されていません。学校の先生はみんな善人、という根拠のない考えをもっているのでしょうか。


私の中学生時代の経験からすると、教師に「じっくり向き合」われたり、「寄り添い続け」られたら、わずらわしく感じたと思います。これは、私の感覚なので現在の中学生一般にあてはまるかどうかは分かりませんが…

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

愛そうがなくて、
なんか変わりもので、授業も嫌だった先生がいたけど
20年たって考えてみると、端々に先生の言葉が
思いだされる。

その時はイヤだったけど、今になるといい先生だったなあと。

橋本さんは好きだけど、松井さんは雰囲気がキライ。
投票には行きません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle