FC2ブログ

【映画】キングダム

原作は読んでいません。アニメ化したのも観ていません。

気になっていたのですが映画館では見逃していたのを、今回テレビ放映を観ました。

春秋戦国時代の若き日の始皇帝(当時は秦王)を中心としたストーリーです。主人公は奴隷の少年。同じ境遇の友人と互いに剣の技を競って立身出世を目指します。友人は始皇帝とうり二つだったので影武者としてスカウトされますが、秦王の弟が起こしたクーデターで殺されてしまいます。主人公は秦王を助けて王位を取り返すべく奮戦します。

ストーリー、は悪い奴(国王の弟とか大臣とか)に国を追われた(王子とか姫とか)をそれまで縁のなかった市井の主人公が力をかして国を取り戻すというよくあるものです。

話が分かりやすいのですが、気になったのはあからさまなワイアーアクションです。仙術とか超能力ならわかるのですが、この映画の設定はあくまで人間の体術です。したがって慣性の法則とか作用・反作用とか重力の影響を受けるはずです。しかし、ジャンプした後空中を移動したりちょっと刀を振るっただけで大勢が吹っ飛んだりとかはリアリティが欠如しています。

また、大群を擁した決戦なのかと思ったら、お金がないせいなのか数名の強者の決戦で決着がつくというのも映画としては物足りません。漫画としてはその方がいいのかもしれませんが・・・

ところで始皇帝には父親が王族ではないという噂が史記に書かれています。映画では、この話が出てこずに、母親の出自だけが問題になっていました。

私が映画を観て想像したのは、最初に死んだのは本当は秦王で、秦王を名乗っているのは主人公の友人ではないかというものです。さもないとわざわざ顔がそっくりという設定にする必要はありませんし、影武者があっさり死んでしまうのも話としては不自然です。有名な始皇帝の父親の問題を持ち出さないのもこれが理由ではないかと想像しました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle