FC2ブログ

【時事問題】「テラスハウス」での誹謗・中傷

時事ドットコムニュースより引用します。

高市早苗総務相は26日の閣議後記者会見で、人気バラエティー番組「テラスハウス」出演者で、23日に死亡した女子プロレスラーの木村花さん(22)がSNS上で誹謗・中傷を受けていた問題について、「匿名で人を中傷する行為は人として、ひきょうで許し難い」と述べた。高市氏は、匿名発信者の特定を容易にするなど「制度改正を含めた対応をスピード感を持ってやっていきたい」との意向を示した。
(略)


この番組自体まったく知りませんでしたので、事情はネットに転がっている情報から得ています。そのため正確に理解していない可能性がありますが、どうも匿名の誹謗中傷をSNSで受けていたのが原因で自死に至ったらしいです。

局の責任についても議論になるかもしれませんが、ここでは高市総務相のいう制度改正について考えてみます。

現在でも悪質な書き込みがあった場合に発信者を特定する制度はあります。しかしかなり面倒で、弁護士を雇う必要があるらしく費用面でも難しく、多くの場合泣き寝入りが実情です。

では、簡単に発信者の特定ができるようになればいいかというと、言論の自由・通信の自由の観点から疑問の声もあります。特に、政治家など権力者への批判を封殺するような制度改正には多くの人が反対するでしょう。

私がどう考えるかというと、基本的には制度改正に賛成します。

匿名そのものが問題だとは思っていません。私もblogを書くのは本名に限るとされたらたぶんやめるでしょう。

問題なのは、他人を誹謗中傷することです。これは匿名でなくても許されません。しかし本名でやっている場合はやられた方に反撃手段がありますので、ある意味フェアです。

しかし匿名で悪口雑言を投げかけられたら、どうすることもできません。

現状は、誹謗中傷され損になっています。どこまでを健全な批判とし、どこまでを人格攻撃なのかというのは、表の世界で議論しなければ結論は出ません。政治家への健全な批判が規制されそうになったら、その時点で闘うべきです。今のままではその議論すら始まりません。

したがって総務省の制度改正に賛成します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle