FC2ブログ

【言葉】手がかり・足がかり

7月7日の朝日新聞で、衆議院議員・無所属の中村喜四郎議員が、「投票率10%UP」を目指す署名活動を推進しているとの記事を載せています。投票率UPと言っていますが、実のところ野党の後援者集めのようです。

(略)
当面の目標は、自民党の党員数に並ぶ109万人に設定。1カ月ごとに中間集計を行い、各議員が競い合う形をつくる。 運動の事務総長を務める中村氏は当選14回。自民党を離れて無所属となっても小選挙区で勝ち続けている。野党議員には地道な地元活動が不足しているとみており、「この運動が新たな後援会組織をつくるための大きな手がかりになる」と訴える。 枝野代表も今月1日の記者会見で、「野党の連携を強め、さらには特に若い議員らの選挙の足腰を強くし、国民に呼びかける大変有意義な活動」と語った


気になったのは「手がかり」という言葉です。私の感覚では「足がかり」と方がしっくりきます。辞書をひいてみました。

てがかり:
(1)体をささえるため、手をかけるところ。転じて、物事を始める、または解決するいとぐち。「---も足がかりもない岩場」「犯人の---をつかむ」
(2)手近な所。また、弓・鉄砲の射程内のあること

あしがかり:
(1)高い所へ昇るとき、足をかける所。足場。「---がない」
(2)事を着手するいとぐち。拠点。「出世の---を作る」

(広辞苑)

このように「手がかり」には「物事を始める、または解決するいとぐち」という意味があるので中村氏が間違っているというわけではないようです。しかし、これだと、今まで野党議員が後援会組織づくりをまったくやっていなかった(=ゼロからのスタート)、といった感じになっています。

その点、「足がかり」なら、より高いところに昇るための足場、という意味なので、今までも後援会づくりはしていたけど、この運動でさらにたくさんの人を集めるんだよ、という雰囲気が出ます。

誤用とは言えませんが、「足がかり」の方が適切だと感じました。

ところで、投票率UP、といった目標は結構だと思って署名しちゃうと、後から電話だのがあって後援会に誘われちゃうのでしょうか? それってめんどくさいですね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle