FC2ブログ

【テレビ】名探偵ポワロ:第十九回「西洋の星の盗難事件」

原作は短編集「ポワロ登場」の中の「<西洋の星>盗難事件」です。

中国だとかインドだとかの古い寺院の秘宝を入手したら寺院の関係者と思しき盗賊団に狙われる、という通俗的探偵小説みたいな話ですが、クリスティーだけあってそういう単純な事件ではありません。

原作のポワロは登場する有名女優にたいして関心を払いませんが、ドラマではベルギー出身という設定にして同郷のポワロが彼女を崇拝するという設定にしました。これはいつもと違った感じになっています。

原作ではポンポンと謎が解かれますが、ドラマではさらに一ひねりしています。依頼を果たせばいいんでしょ、という原作と違って、ベルギー女優のためにさらに突っ込んだ解決を目指します。

原作でも思ったのですが、盗難する前に予告状をだした意味が分かりません。犯人としては「西洋の星」と「東洋の星」が一対であることを強調することに意味があっても事前に予告しておく理由はないように思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle