FC2ブログ

【朝日新聞】悩みのるつぼ:30代の彼と別れられません

11月13日 朝日新聞のbe on Saturdayに「悩みのるつぼ」という人生相談のコーナーで、以下のような相談が載りました。

30代の彼と別れられません  質問者 主婦 70歳

70歳になった主婦です。10年前から現在30代半ばの美容師と出会い、付き合っています。
彼は20代で店長になったやり手で、現在は複数店舗を経営するような立場になりました。
最初はとても純情で、本当に好きでした。週1回デートし、その度に服やアクセサリーを買ってあげ、誕生日には10万円以上のプレゼントをしました。彼への贈り物は年間250万円から300万円になります。
彼には彼女が2人くらいいたのですが、この7年ぐらいは誰もいません。1人でローンでマンションを買って住んでいますが、いくら頼んでも部屋に連れて行ってくれません。
また車が故障したとかで27万円貸しましたが、給料日に少しずつ返すと言っていたのに知らぬ顔です。2人はキスまでの関係でそれ以上はありません。
私には70代のすばらしい夫がいて、何もほかに求めることもないのに、その彼とても美しくて、見ているとときめきます。彼の美容院には今は1時間半かけて週1回通っています。電話もしてこないし、買い物ばかり行きたがるし、不満だらけなのに別れられません。2人の間にもう親密さが出来てしまって、彼から断られない限りは、どうしても切れません。
私は50代に見えます。やはりこんな彼とは離れたほうがいいとは思っていますが、どうすればよいでしょうか。


普通人の感覚からして異様な状態です。30台のボーイフレンドとデートを重ねている70台女性にはあきれますが、70台の女性から年間200~300万の貢ぎ物を受け取っている男にも驚きます。

「どうすればよいでしょうか」って、縁を切ったほうがいいに決まっています。たいていの人間がそう考えるでしょう。ところが、社会学者の上野千鶴子氏の回答は次のものでした。

きみペこと「きみはペット」というまんががあります。20代後半のキャリアウーマンのところにころがりこんできた若者を、ペットのように飼う、というお話です。
あなたは70代、お相手は30代。この年齢差で異性のペットが飼えるなんて、男女が逆ならあるかもしれませんが、人も羨む話ではありませんか。相手をペットだと思えば腹も立ちません。主婦とは言いながら、年間にペットに使うお金が200万も300万もあるなんてうらやましい。ペットは餌をくれるあいだだけ、ご主人さまのところに居着きます。あなたはそれを知っているから、餌代を惜しまないのですね。錦鯉に何百万円も投じる人もいますし、保険のきかないペットの医療費に何十万も使う人もいるのですから、少々維持費が高くつくペットと思えばよいでしょう。
そもそもペットというのは、見て楽しみ、そばにおいて喜ぶ以上になんの役にも立たないものです。ペットに見返りを求めてもムダなだけ。あなたが彼と性関係を求めるわけでもなく、今の結婚を解消して彼と再婚したいわけでもなく、時々会ってその美しさを愛で、ご自分のヘアケアやエステをかまってもらい、それだけのおカネを使っても家計が破綻せず、サラ金に手を出すわけでもなく、夫とトラブルが起きず、それが暮らしのうるおいになっているなら、おやめになる理由はなにひとつありません。しかも相手の男性は、キス以上の関係を持とうとせず、愛人がいることも隠さず、自分の家に招かず、結婚をちらつかせてあなたにいたずらな期待を持たせず、ホストのように際限なく貢がせてあなたを経済的に破綻に追い込むこともなく、その程度には無心の額にも節度を持っているふしがありますから、「婚活」詐欺ってわけでもありません。
でもあなたは、苦しんでおられるのですね? こんな関係はやめたほうがよい、と。あなたはきっと、相手に見返りを要求したくなったんですね。使った金額をこんなにいちいち覚えているのはそれが投資だと思えばこそでしょう。投資というのは回収を予期したおカネ。で、あなたは彼から何を回収したいのですか? セックス? 愛情?ペットの飼い主であるための条件は抑制と寛容、すなわち支配者の徳です。それが持てないなら飼い主の資格はありません。


まず、二人の関係を肯定しつつ、見返りを求めているなら関係を止めよ、という意見です。相談者の打ち明け話に負けずおとらずぶっ飛んでいます。なぜこのようなおかしなことを言うのか考えてみました。

関係を肯定する根拠の核心部分は次のところです。

この年齢差で異性のペットが飼えるなんて、男女が逆ならあるかもしれませんが、人も羨む話ではありませんか。


つまり、70台の男が30台半ばの女を金で自由にしているとすれば男社会では羨ましがられるはず。だったら、男女を逆転した場合も羨ましがって当然、という論理です。

しかしこれは間違っています。確かに、70際の男が30台の女を金で体を自由にしていれば、男同士の内輪では、羨ましい、という感想が出るかもしれません。しかし、金だけ貢いで「キス以上の関係を持」てないでいるなら、馬鹿呼ばわりされることは必至です。正確に男女逆転して考えれば、羨ましい、という結論にはなりえません。

続けて上野氏は、見返りを求めるならペットを飼う資格がない、と主張しています。しかし、二人の関係をペットと飼い主に見立てたのは上野氏であって、誰も同意していません。人間関係でお金が行き来するのですから見返りを求めるのはあたりまえです。ペットを飼うのと同じだから見返りを求めるな、というのは上野氏の暴論です。

要するに、上野氏の回答は次のようにまとめられます。まず、性差に対する意識の違いに皮肉をこめて肯定します(ただし、上述したように正確に男女逆転していないのでこの判断は間違いです)。しかし、いかに上野氏といえでも普通に考えてみれば、この女性のやっていることはおかしいと思うので、理由にならない理由をあげて否定に転じました。

人生相談のコーナーが相談者に対する回答を離れ、回答者の独演会になるというのはありがちです。しかし、これは行き過ぎているように思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle