FC2ブログ

【朝日新聞】慰安婦問題が「解決」しないわけ

9月24日朝日新聞朝刊の記事『元慰安婦の支援が「聖域化」 不正隠した親日のレッテル』より

 韓国で元慰安婦を支援する代表的な団体「正義記憶連帯」(正義連)と「ナヌムの家」が資金不正疑惑に揺れている。元慰安婦の告発を機に、韓国の政府や社会に足りなかった点もあると顧みる動きが出ている。
 疑惑の発端は元慰安婦の李容洙さん(91)が5月上旬の記者会見で語った疑問だった。李さんは正義連の活動に関わってきたが、「寄付金が元慰安婦のために使われていない」と話した。同月下旬には「30年間も利用され、だまされてきた」と訴えた。
 検察は9月14日、批判の的となった正義連の前理事長で、4月の総選挙で与党系から当選した尹美香氏(55)を補助金管理法違反などの罪で在宅起訴した。2013~20年に韓国政府やソウル市から補助金約3億6千万ウォン(約3200万円)を不正受給したほか、約1億ウォン(約890万円)を個人流用したり、認知症の元慰安婦のお金を無断で寄付させたりしたなどとされる。
(略)
 寄付金関連の疑惑はナヌムの家でも持ち上がった。問題点を調べた職員7人がテレビ局の時事番組に通報して5月に報じられた。
 京畿道がつくった官民合同調査団の中間報告によると、ナヌムの家を運営する社会福祉法人「大韓仏教曹渓宗 ナヌムの家」が15~19年に「元慰安婦の生活や福祉、証言活動」などのために募った寄付金約88億ウォン(約7億8千万円)のうち、生活施設に使われたのは2・3%にあたる約2億ウォン。残りは一般向けを含む施設の建設資金などとして蓄えていたとみられる。報告書は、介護担当者による元慰安婦らへの言葉の虐待もあったと指摘した。内部告発者の1人で日本人職員の矢嶋宰・国際室長(49)は「寄付金の問題だけではない。外出の自由がないなど、基本的人権さえも施設側が尊重していないことは、さらに大きな問題だ」と語った。
(略) 
 正義連やナヌムの家をめぐる疑惑は、なぜ長い間、明るみに出なかったのか。
(略)
ナムルの家の内部告発者の1人、金大越学芸室長(35)は「慰安婦問題は日本との葛藤という文脈だけで捉えられ、関係者は日本への賠償と謝罪の要求に集中していた。それ以外の問題提起を許さない、『聖域』のようになり、不正を表に出すことを阻んだ」と語る。
(略)


この問題は基本的には韓国内の出来事ですが、日本も無関係ではありません。韓国側はまだ続ける気満々の慰安婦問題、そして徴用工問題が、なぜ解決しないのかが見えてきます。

韓国が慰安婦問題を何度も何度も提起してくるのは支援団体の利益追求のためだとささやかれてきましたが、今回の不正で事実として突きつけられました。

支援団体は元慰安婦のために活動しているのではなく、賠償金や寄付金のために活動していたのです。それゆえ、最終的かつ不可逆の解決などしてはならないことでした。

では、一般の韓国国民はどうかというと、似たようなものです。

「慰安婦問題は日本との葛藤という文脈だけで捉えられ」ていたのです。つまり元慰安婦のためにできることはなにかということではなく、日本を罵り頭を下げさせるのが目的です。したがって韓国世論も本当は問題の解決・解消なんて望んでいません。

不正な資金流用自体は日本には無関係ですが、背景にある韓国人の意識が浮き彫りになったと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle