FC2ブログ

【朝日新聞】日本一幸せなのは福井県、最下位は… 法政大教授が調査

朝日新聞の記事より、引用します。

「日本一幸せ」なのは福井県民という結果が出た。法政大大学院の坂本光司教授は9日、「47都道府県の幸福度に関する研究結果」を発表した。上位3県は福井、富山、石川の北陸3県。最下位は大阪だった。
 坂本教授と同研究室で、経済力や生産力による指標ではなく「幸福度」を数値化しようと調査。合計特殊出生率総実労働時間平均寿命など40の指標で点数化し、総合点から都道府県を順位づけた。上位県は人口が250万人以下で、第2次産業の比率が高いという共通点があったという。
 「すべての部門で改善が必要」とされた大阪は休養時間の長さで高得点だったものの、平均寿命の短さや保育所定員比率の低さ、刑法犯認知数の多さが順位を下げた。
 ただ、坂本教授は「幸せ度は、住む人々の努力で変えられると思う。ランクづけが目的ではなく、幸福度を高める地域づくりの方策を示したかった」。3年に1度程度、データを更新していく予定という。
(後略)


感心できない記事です。

まず、合計特殊出生率・総実労働時間・平均寿命・休養時間の長さ・保育所定員比率・刑法犯認知数という6つの指標しか記事にでていませんので、残りの34個は何を測ったのかがわかりません。

また、その指標にどのように”重み”をつけたのかも書いていません。数値化するためには平均寿命が70歳から72歳なら〇点、73歳から74歳なら〇点、といった具合に”重み”をつけたはずです。これでは40個の指標の中でどれをどのくらい重視したかがわかりません。

こうした情報を記事にしないのは、坂本教授の責任ではありません。記事の不備です。

次に、坂本教授の研究について述べます。

住民に実際に感じている「幸福度」と、坂本教授の計算式の結果にずれがある場合は、計算式が間違っていると考えるべきです。40個以外に指標にすべきものがあるのか、”重み”づけを間違えたのかです。指標や”重み“を改善していくことで、住民の実感と数値の一致を目指します。一致したところで初めて正しい幸福度計算式といえます。これを使えば、どういう指標を改善すればどのくらい住民が幸福になるのか、つまり「幸福度を高める地域づくりの方策」が分かります。

しかし、記事を読む限り、そうした検証をした形跡がありません。坂本教授が幸せと感じる指標で47都道府県を評価したに過ぎないように見えます。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle