FC2ブログ

【朝日新聞】「感染者を責める私たち」

10月9日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「耕論」のコーナー。「感染者を責める私たち」から、大阪大学の三浦麻子教授の「不安で攻撃する心理 自覚を」を引用します。

感染者を「責める」ことは、危機的状況や不安に遭遇した人間が身を守るための、自然な心の働きの延長線上にあります。誹謗中傷や差別をなくすためにも、そうした心理を知ることが大切です。
(略)
「被害者たたき」という現象で説明するのが分かりやすいでしょう。女性が夜間に通り魔事件に遭うと「深夜に出歩くのが悪い」と責められることがある。
(略)
感染者のニュースを見て、「我慢せずに遊びに行ったから」「なにか不注意があったはず」といった理由づけをしたことはありませんか。未知のウイルスなど予測不能な状況に直面したとき、人間はそこに架空でも何らかの因果関係を仕立てて理解しようとする。そうすることで自分を「守った」気持ちになるのです。
(略)
コロナ流行下で私たちの研究グループが実施した調査では、日本は他国に比べ、この「責める」意識が強いという結果が出ました。3、4月に日米英中伊の5カ国の約2千人にした調査で、「感染した人は自業自得か」という質問に「そう思う」と答えた人は、欧米3カ国で1~2.5%、中国4.8%に対し、日本では11.5%。7月の調査でも同じ傾向でした。
なぜ日本人は「責める」傾向が強いのか。規範意識が高いといった説明はありえますが、調査からはまだはっきと分かりません。ただ、日本におけるコミュニティーのあり方が密接に関係しているとはいえると思います。
(略)



通り魔に遭った女性を責めるという行為は考え物ですし、悪いのが加害者であるのは当然です。しかし、一般論として犯罪被害に遭わないためのこころえを社会で共有するというのは間違ってはいません。

オレオレ詐欺にひっかからないために、”電話でお金の話がでたら注意しろ”というのはよく言われることです。

詐欺投資商法に投資しないために、”あやしい儲け話には耳を貸すな”というのは当然の注意です。

自転車泥棒にあわないために、”鍵をかけろ”というのは当たりまえの話です。

言い方や状況を間違えると、被害者を責めているみたいになりますが、こころえとして言うのは当然です。

若い女性が、深夜に薄着でひとけのないところに歩き回るべきではない、と言うのが決して間違っているとは思いません。


コロナ感染を「自業自得」と考える人の割合が日本が高いということですが、それでも11.5%です。90%近くは「自業自得」と考えていません。日本人全体の規範意識とかコミュニティーのあり方とかに関連づけるのは無理があります。

すくなくとも日本人の過半が「自業自得」と考えているなら、そういう考察もあり得ますが・・・


「自業自得」と考える人が多かったのは、日本の文化のせいではなく、マスコミの報道のせいかもしれません。

「マスクをしろ」、「出歩くな」、「手を洗え」とさんざん指図されたのですから、感染したのはこうした言いつけを守らなかったからと考える人がいても不思議ではありません。

他国の報道がどうであったかを見ずに、意識調査だけで判断するのは正しくないと思います。

そういえば、米トランプ大統領も感染したことで、米国でも「自業自得」と考える人が増えたかもしれませんね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

何で外国の人も日本人と同じ精神構造だと思っちゃうんですか?
全然違うんですよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle