FC2ブログ

【朝日新聞】いま、宗教を知りたい

11月15日 朝日新聞朝刊 文化欄より。

現在宗教関係の本、雑誌が続々と刊行されていることが紹介されています。その理由として日本人の宗教に対する意識の変化を挙げています。補足の記事として、宗教社会学者の井上順孝国学院大学教授の学生宗教意識調査を紹介しています。

(前略)
非宗教系大学に通う学生2003人中、「信仰がある」という回答は7.5%、「宗教に関心がある」は46.4%であわせて半数を超える。
(後略)


添付のグラフによると1996年では、「信仰がある」と「宗教に関心がある」を合わせて30%。徐々に上昇していく傾向が見えます。

この調査で疑問に思ったのは「宗教に関心がある」と答えた学生の真意です。私は信仰を持っていませんし、宗教団体には胡散臭いものを感じています。しかし、宗教に無関心かというと、そうでもありません。

一部の西洋絵画の鑑賞にはキリスト教の知識は欠かせません。アニメなどのサブカルチャーは仏教・神道・キリスト教など宗教の知識があるとより深く理解できることがあります。歴史を学ぶ際には宗教の知識は必須です。そういう意味で宗教には関心があります。しかし井上教授が想定しているような「信仰あり」の予備軍ではまったくありません。「信仰あり」の人と足し算されるのは不本意です。

アンケートに「関心あります」と答えた大学生もいろいろな意味で回答したのだと思います。大学生の意識に変化があることはグラフをみれば確かですが、「関心ありますか」といったどうとでも取れる設問では、世の中の実態を検証することはできません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle