FC2ブログ

【朝日新聞】陰謀論の根底に宗教はあるのか?

11月28日朝日新聞夕刊。文芸評論家・藤田直哉氏の「ネット方面見聞録」。この日は「陰謀論の根底に宗教的伝統」です。

(略) 
 政治史学者リチャード・ホフスタッターは、アメリカは伝統的に「パラノイド・スタイル」の政治文化であったと分析している。常に脅威の存在を感じ、被害妄想(パラノイド)的にその対象を名指す傾向があるのだ。たとえば、フリーメーソンが政府機関を乗っ取ろうとしている、カトリックがアメリカを侵略している、エリートたちが支配しているなどと。そして大衆の熱狂を生み、エリートたちへの戦いを煽る。
 パラノイドの対象は、黒人や先住民などマイノリティーにも及ぶ。これは日本のオンライン排外主義者の主張と構造は同一だ。アメリカの右翼にこのスタイルは顕著で、アメリカが「奪われている」と感じ、取り戻すために戦っているのだという。これは1965年に発表された分析だが、現在にも当てはまる。
 パラノイドの人々が守ろうとしたものは、「民衆の秩序」や、プロテスタントにおける「個人主義と自由の原則」だと言う。エリートも、メディアも、知識人も、権力者も信用できない。であれば、何を根拠にして判断するのか? 自分の心である。心が神とつながっている、だからそれが正しいと考えられる。このような、宗教的伝統と結びついた個人主義や自由の感覚こそが、ポスト・トゥルースや陰謀論の淵源のひとつである。プロテスタントの伝統がない日本でなぜ同様の現象が見られるのかは、改めて分析が必要だろう。
(略)


アメリカには「パラノイド・スタイル」があり、その根底にはプロテスタントの宗教的な感覚が潜んでいるとホフスタッター氏は指摘しているそうです。

アメリカの右翼の排外主義と、日本のオンライン排外主義者と構造は同じだとのいうのが藤田氏の指摘です。

しかし、日本にプロテスタントはほぼないのでなんで同じなのか藤田氏は説明できていません。「改めて分析が必要だろう」などとカッコよく言っていますが、すくなくともここでは説明できていません。

論理に誠実であれば、
”日本にも米国にもパラノイドがいて排外主義を唱えている。しかしそこに宗教的伝統があるというホフスタッター氏の指摘は間違いである”
とか
”米国の排外主義は宗教に関係しているが、日本の排外主義はそれとはまったく別のところからきている”
などとなるはずです。

ホフスタッター氏の言うことは正しく、そして日本でも同じことが起きているといおう自分の指摘も正しい、と決めこんでいるから、おかしな感じになってしまてっています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle