FC2ブログ

【時事問題】競艇選手に無罪判決

朝日新聞の記事より引用します。

痴漢で起訴の競艇選手に無罪 巡査証言「信用できず」
私服の女性巡査(25)の胸を触る痴漢行為をしたとして、兵庫県迷惑防止条例違反の罪に問われた競艇選手の森下祐丞(ゆうすけ)被告(26)=神戸市=の判決が15日、神戸地裁であった。片田真志(まさし)裁判官は「巡査の証言は信用できない」と述べ、無罪(求刑罰金30万円)を言い渡した。
森下さんは5月6日午前0時40分ごろ、神戸市須磨区の歩道で須磨署の巡査の胸をすれ違いざまに触ったとして現行犯逮捕、起訴された。巡査は現場周辺で多発していた痴漢事件の捜査中で、公判では「被告が約5メートル手前から手を上げて向かってきた。身がすくんで立ち止まると手のひらが右胸を覆う感触を覚えた」と証言していた。
これに対し、判決は「警官が何の反応もできずに胸を触られたのは不自然。逮捕して引き返せなくなったと疑うこともできる」と指摘。森下さんが「タクシーを探して後ろを振り返りつつ歩いていると、右肩から右ひじの部分が女性に当たった」「女性が怒っている感じだったので異常な人と思い、関わり合いにならないために逃げた」とした説明について「不自然とは言えない」と判断した。


私服で、「痴漢事件の捜査中」というのは、おとり捜査だと重います。警察官が、手を上げて向かってきただけの人間に、身がすくんだ、などというのはまるで信用できません。

明らかに、警察の横暴です。この事件の「被害者」の森下さんは勇敢に警察と戦いましたが、泣き寝入りしている人はいっぱいいるのだと思います。

起訴した検察の責任も重大です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle