FC2ブログ

【朝日新聞】耕論:アンチエイジング

11月19日朝日新聞朝刊オピニオン欄より。生物学者本川達雄氏の「命が延びて不安が延びた」という一文が載りました。引用します。

細胞の老化を遅らせて長生きできるようにする長寿遺伝子の研究ですか?聞いたことはありますが・・・・・・。「長生きしたい」とか、あらゆる人間の欲望に火をつけるのが、医療や科学技術です。満たされれば「もっと長く」となって、きりがない。永遠に生きたいね、となっちゃう。
命を永遠にしたい、ずっと続いていきたいというのは、これは生物本来の欲望です。しかし、それは個体が生き続けるのではない。体は使っていれば、すり切れてガタが来るに決まっています。生きているのも大変だし、エネルギーも余計に使う。だったら定期的にまっさらの新しい個体、つまり子どもをつくっちゃおうと。適当なところですっと消えて、子どもに譲る。そうすれば、「私」は次の世代として生きていくことになります。これが生物が続いていくやり方です。
 生物学的には、人間も次世代を産む能力があるところまでが本来の部分で、老後は医療や科学技術が作り出した命です。子どもをつくって、子どもが暮らしやすい社会をつくるのならいいのですが、現実には老後を支える膨大なお金やエネルギーは、若者が負担しています。お年寄りに優しい長寿社会は、裏を返せば若者いじめの社会なんです。親が生きながらえて次世代を圧迫するのは、まずいんじゃないでしょうか。生物学者としては、私はそうした議論が可能だと思っています。
(後略)
(聞き手・久田貴志子)


次世代を生む能力があるところまでが本来の命、という考えは衝撃がありますが、簡単には否定できないものがあります。人倫とか社会正義とかから言えば否定しなければならないのでしょうが、生物学的にはそれが正しいのだ、といわれると反論する言葉が浮かびません。

おそろしく刺激的な意見です。しばし考えさせられました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle