FC2ブログ

【朝日新聞】英語力は世界で必須

11月25日朝日新聞朝刊生活面の「就活する君へ」のコーナーで、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏のインタビュー記事が載りました。

「英語力は世界で必須」という題です。柳井氏は、英語が苦手な学生は優秀でも採用しない、と言い切っています。

インタビュー全体を読んで気がついたのは、英語力が必須であることを、具体的に説明できていないことです。

これからのビジネスで英語が話せないのは、車を運転するのに免許がないのと一緒。


何故、「一緒」なのかを説明せずに、「一緒」だと言っているだけです。

欧米はもちろん、アジアでもビジネス言語は英語です。小売業という最も国内市場に根差した会社の経営者(おそらく柳井氏本人のことだと思われます)でも考えることだから、製造業なら当然だし、ほかのサービスにも当てはまる流れだ。


自分がそう考えるから、それが真実だ、と言っているだけです。

―――社内公用語にまでする必要がありましたか
「そうでもしないと社員は勉強しない。日本人社員だけなら日本語で話しても良いが、3~5年で本部社員の半数は外国人にする。英語なしでは会議もできなくなる」


無理やり英語を必要とする状況を作る、というだけの話です。一般的に英語力が必須であることの証明にはなりません。

英語を必要とする層は確実に存在します。しかし全ての日本人が英語を必要とするようになるか、と問われるとかなり疑問です。柳井氏をはじめとして一部の英語論議は、この疑問に答えていません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle