FC2ブログ

【アニメ】ぬらりひょんの孫 千年魔京


ぬらりひょんの孫~千年魔京~ DVD 第1巻 【初回限定生産版】ぬらりひょんの孫~千年魔京~ DVD 第1巻 【初回限定生産版】
(2011/09/23)
福山潤、藤原啓治 他

商品詳細を見る

第一期に続いて視聴。

第二期はバトル中心になったので、家永カナなどの日常での友人の活躍(登場)シーンは激減しました。4分の1しか妖怪でない、という設定が生かされていません。昼になると人間の姿になって妖怪としての力を失う、というのも半ばなかったことにしています。

バトル中心にするには、邪魔なキャラクラーだったり設定だったりするのでしょうが、非常にバランスが悪くなりました。作品の根幹を見失った感じがします。

設定にも不満があります。

最後の対決が唐突に持ち越しになったのはがっかりです。無理に引き伸ばしてもいいことはありません。きちんと決着をつけるべきでした。

羽衣狐が息子の清明に斃されるのは意味がわかりません。羽衣狐は清明を生むのが目的だと自覚していました。その点で清明に騙されたわけでもなんでもありません。なにが起きたか分からないという顔で退場しましたが、わけが分からないのは視聴者も同じです。

鏖地蔵がリクオの父(リハン)に仕掛けた策略もおかしなものです。リハンが邪魔なので、初めの奥さんを洗脳して殺させよう、というところまではいいです。しかし娘と名乗って接触させるのは不自然です。素直に奥さんとして登場させるのが正当です。これでは警戒しなかったリハンが馬鹿に見えます。

さらに、その体を、羽衣狐の転生につかう理由がありません。転生体は転生体で別に探すのが普通です。初めの奥さんの体を使ったというのは偶然がすぎます。

読者の意表をつこうとして迷走したというのが真相でしょうか。ちょっと失敗だったようです。おそらくは原作の問題であってアニメスタッフの責任ではないとは思いますが。

一期目の感想で、陰陽師の花開院ゆらのことを、見た目が地味とか着こなしが野暮ったいとかさんざんに書いてしまいましたが、二期目はちょっと美人に見えてきました。服装も洋服でなく陰陽師の装束のせいか、垢抜けた感じでした。これはよかったです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle