FC2ブログ

【朝日新聞】天声人語

1月25日 朝日新聞の天声人語より。

 孔子と弟子たちの言行を記した「論語」には「女」という文字が19回登場するそうだ。とはいっても、うち17回は「汝(なんじ)」の意味で使われ、女性という意味では2回しか出てこない。その一つが、よく知られた「女子と小人(しょうじん)とは養い難し」だという▼中国文学者の一海(いっかい)知義さんが故・加藤周一さんとの対談で述べていた。天下国家は男の仕事、という意識だろう。いわゆる儒教文化圏の日本で、議会や経営への女性参加が少ない遠因は、その辺と無縁ではなく思われる▼女性の国会議員は増えてはいるが、衆院ではまだ11%しかいない。お隣の韓国より低く世界で120位あたりにとどまっている。そうした停滞に風を吹き込む朗報だろう。滋賀県大津市長に女性最年少で越(こし)直美さんが選ばれた▼女性首長の率は国会議員より寂しい。知事は47人中3人、市長は787市でわずか15人。嘉田(かだ)由紀子さんが知事を務める滋賀は、これで県と県都のトップに女性が立つ。全国初の二人三脚となる▼米国で学び、働いた越さんは「ガラスの天井」という言葉をご存じだろう。女性の進出を阻む見えない障壁を言う。米国でも、この天井に頭をぶつけて大勢が沈む。障壁を青天井に変えていくパワーを、ここは期待したい▼「鉄の女」と呼ばれたサッチャー元英首相が言ったそうだ。「政治の世界では、言ってほしいことなら男性に、実行してほしいことなら女性に頼むことです」(『名言の森』から)。さわやかな手腕を、存分に振るってほしい。



論語の「女子と小人」は、下働きの男女を指すのであって、女性差別の言葉ではないと思っていました。論語に明るいわけではありませんので、ここでは置いておきます。それはさておき、女性衆議院議員が少ないことの理由を「儒教文化圏」といった言葉で説明するのは感心しません。証明も反証もできないことを言うのは無意味です。


女性の社会進出の指標に衆院(下院)の女性議員数を持ち出すことの愚は以前に書きましたのでここでは繰り返しません。リンク先をお読みください。
【時事問題】国会議員の女性の割合


「ガラスの天井」とは、性別や人種などを理由としてある限度以上に昇進できないことを指します。市長は、その市の行政のトップでそれ以上の地位はありません。「ガラスの天井」を青天井に変えて何に昇進しろというのでしょうか。意味が分かりません。「天井」つながりで言葉を並べてみたかっただけだとすれば軽薄です。


まだ選ばれたばかりですので、マスコミがエールをおくるのは悪いこととは思いません。しかし、今回の天声人語は、新市長の政治的手腕や思想をまったく考慮せず、ただただ女性だから持ち上げているようにしか見えません。これも形を変えた女性差別です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle