FC2ブログ

【朝日新聞】内向き日本、海外留学尻込み 04→08年、2割減

1月29日朝日新聞朝刊より

海外留学する日本人学生が減っている。不況や就職難などが相まって「内向き」志向が進んでいる。一方、海外展開に軸足を移す国内企業は、海外で通用する人材を求める姿勢を強めている。国や自治体などは、新たな対策に乗り出した。
■企業は世界採用を強化
 ピーク時の45%。かつて世界一だった米国への日本人留学生数は激減した。
 米国際教育研究所によると、2010年度の日本人留学生は2万1290人で前年度より3552人(14%)の減。最多の1997年度より約2万6千人も少ない。最も多かった中国の14%しかなく、国別順位では、サウジアラビアにも抜かれて7位に転落した。
 トップレベルの大学の例をみても、減少傾向は顕著だ。ベネッセコーポレーションの調査によると、米ハーバード大に入学した日本人学生は、10年度は100人で、00年度より58人(37%)減った。同じ期間に、中国、インド、シンガポールは倍増している。同じ先進国でも、ドイツは7割近く増えている。
 減少傾向は米国に限らない。文部科学省の直近の調べでは、米国も含む海外大学への日本人留学生数は6万6833人(08年)。ピークだった04年より2割減った。
 昨今の円高で回復の兆しもある。留学支援会社の留学ジャーナル(東京)が昨年、全国で相談を受けた大学生は前年より14%増えた。「厳しい就職事情の中、企業へのアピール材料として留学を目指す学生が増えた」と担当者。だが、その多くは1カ月程度の短期留学だという。
 若者にとって、海外へのハードルは何か。産業能率大が10年に全国の新入社員400人に尋ねたところ、「海外勤務を希望しない」が49%。01年より20ポイントも増えた。理由は、リスクが高い(56%)、能力に自信がない(55%)など。「海外勤務に積極的になる」と思う対策を尋ねると、語学研修(58%)が最多で、言葉の壁にぶつかっている様子がうかがえる。
 民間シンクタンク・大和総研の原田泰顧問はこう指摘する。「今の生活水準に満足し、国内で働ける技量さえ身につければいいという考えが広まっている。しかし、企業側は、人口減少で市場が縮む日本から海外へ軸足を移している」
 パナソニックは今春、グループ全体の新規採用1450人のうち8割近くを海外の現地採用とする。「海外展開をさらに進めるという方針に沿う形」と広報担当者は話す。ローソンは日本で学んだ外国人留学生の採用を08年から始め、全体の2~3割を占める。「社員の多様化が狙い。海外出店でも役立つ」という。
■国、奨学金で後押し
 こうした中、国や自治体は、海外留学の後押しに力を入れようとしている。
 文科省は新年度予算案で、海外留学する大学生に支給する奨学金の総額を今年度の1.6倍となる約31億円に増やし、対象人数も1.2倍にした。外国語による会話や論文作成の力をつける大学教育の充実などのため、新たに50億円の予算も盛り込んだ。
 高校のうちから海外に目を向けさせる施策も目立つ。高校生300人の留学経費を支援するため、約1億2千万円を計上。対象人数を今年度の6倍に増やした。同省によると、3カ月以上の海外留学をする高校生は、04年度の約4400人から08年度は約3200人に減っている。
 東京都教育委員会も都立高校の生徒150人を留学させるため、新年度予算案に約1億9千万円を計上した。経費の一部を公費で負担する計画だ。20年までに延べ3千人の留学を目指している。
 京都府教委も新年度、府立高校生が1カ月ほど留学する経費の一部を補助する制度を始める方針だ。担当者は「就職活動に追われて留学に目が向かない大学生が多いと聞く。高校で動機付けをする経験が必要だ」と話している。(岡雄一郎)


こういうのを植民地根性というのでしょうか。アメリカへの留学生数を競い合って、中国に負けたとかサウジアラビアに抜かれたとか、大新聞が言っているのは恥ずかしいです。

企業が海外の現地採用を増やしたり日本への留学生を採用したりする傾向があることと、日本人が海外留学をすべきことを関係あるかのように書いていますが、根拠がありません。仮に、海外留学生組が一般学生よりも就職率が高いという数値があれば、理解できます。数値とまではいかなくても、企業の声として留学経験者を積極採用したい、という声があれば、納得できます。しかし、そうした根拠はいっさい示されていません。「内向き」というキーワードだけで説明しようとしています。

また、留学者数の目標が示されていません。まさか朝日新聞は、日本の学生がすべて海外留学すべきと考えているわけでもないでしょう。基準がなければ、「内向き」かどうかは言えないはずです。

それ以外にも、この記事は数字の扱いがぞんざいなところが目立ちます。抜き出してみます。

米国への留学者数:
1997年 ★47,000人 (2010年は「1997年度より約2万6千人も少ない」より)
2009年 24,842人
2010年 21,290人


ハーバード大への留学者数:
2000年 158人
2010年 100人


海外への留学者数:
2004年 ★84,000人(「04年より2割減った」より)
2008年 66,833人


3ヶ月以上の高校生留学生:
2004年 4,400人
2008年 3,200人


★印はピーク年。

このように各データの年度はバラバラです。これでは比較ができません。「海外留学者数」や「3ヶ月以上の高校生留学生」にいたっては、最新データが2008年と4年も前ものもしか出ていません。これでは何も語れません。

さらに驚くべきは次のデータです。

留学ジャーナルへの相談大学生数:
2011年 2010年より14%増


2011年(昨年)は留学者数が増加した気配さえあります。ほとんどの項目で、前年の数値がないのは記事として欠陥です。もしかしたら2011年も留学数は多くないかもしれません。しかし、留学ジャーナルの相談数が2011年に増加したことに言及する以上、2011年の数値は出さなければいけません。

杜撰な記事だと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle