FC2ブログ

【本】信長は謀略で殺されたのか 本能寺の変・謀略説を嗤う

信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う (新書y)信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う (新書y)
(2006/02)
鈴木 眞哉、藤本 正行 他

商品詳細を見る

本能寺の変は、実は光秀の後に黒幕がいたという説。あるいは光秀以外の手によるものだという説。こうした本能寺の変にまつわる謀略説を検証したものです。

きちんと根拠を示して、本能寺の変の前後の人々の動きが解説され、光秀が単独で突発的に起こした事件であることを論証しています。

論証部分も説得力がありますが、一番興味を引かれたのは、本能寺の変に裏がある、と言われだしたのが、太平洋戦争終結後だということです。それまでは、主君に弓をひいた光秀は悪いやつだ、という順逆史観に支配されていたというのはなるほどと思いました。

謀略説を触れ回った人々にも厳しいことを書いていますが、それを受け入れてきた側にも批判の目が向けられています。

謀略好きの体質は、話を作る側だけの問題ではなく、受け入れる側の問題でもある。その種の話を喜んで受け入れる人間が大勢いるから、謀略説は普及したのである。


私も「歴史の謎」には無関心ではなかったので、この一節にはも反省させられることしきりです。

また、NHKの歴史番組が本能寺の変謀略説の普及に重要な役割を与えているとの指摘はまじめに考える必要があると思います。ドラマなら仕方のないところもありますが、NHKの教養番組でも見る人が見れば問題だらけのようです。目から鱗が落ちました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle