FC2ブログ

【アニメ】おとめ妖怪ざくろ

普通に面白かったです。飛びぬけた作品ではありませんが、きれいにまとまった、と思います。

気になったところをいくつか指摘しておきます。

まず、妖人省の人間の三名がまったく役にたっていないのが引っかかりました。あまりにも活躍しないので、これでいいのだろうかと、心配になったくらいです。

また、おそらくは戸籍もないであろう花楯中尉がどうやって軍隊にはいりこめたのか、説明がありません。根本にあるのは、ざくろを誘拐するだけの目的にしては、政治力を駆使して妖人省を設置するなど、手が込みすぎていることです。もう少し単純な方法を使うのが自然です。妖人省の設置の裏に陰謀があった、という設定にしたいのであれば、もっと丁寧な説明が必要です。

さらに、出だしで、総角少尉が妖人を怖がっている、という描写が不思議です。この物語の世界では、妖人の存在は誰もが知っていることです。我々が幽霊を怖がるのと同じように妖人や半妖を怖がるというのは理屈に合いません。半妖を人種差別のような感じで蔑む一般人が出ていました。こういう反応であれば分かります。しかし、怖がる、というのは考えられません。

文句をつければきりがありませんが、ギャグ・シリアス・恋愛話のバランスがよく、安心して観ることができる作品だったと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle