FC2ブログ

【時事問題】副署長

警察がストーカー被害者の旧姓やおおまかな住所を加害者に伝えたことにより、殺人事件にまでいたりました。この件について、日本経済新聞の記事より引用します。

神奈川県逗子市でデザイナー、三好梨絵さん(33)が刺殺された事件で、県警が2011年6月、脅迫容疑で元交際相手の無職、小堤英統容疑者(40)を逮捕した際、逮捕状に記載された三好さんの結婚後の名字や転居先の市名などを読み上げていたことが9日、県警などへの取材で分かった。
 これを手掛かりに同容疑者が三好さんの住所を特定した可能性があり、県警は当時の対応を検証している。逗子署の山口雅見副署長は「通常の逮捕手続きで、問題はない」と説明。一方で「名字を旧姓にするなど他の手があったかもしれない」と話している。
 刑事訴訟法などには、通常の逮捕状による逮捕の場合、容疑者に逮捕状を示し、被害者の氏名などが記載されていることもある逮捕容疑の要旨も告げると規定。
 警察庁幹部は「逮捕状に書いてあることを被疑者に読み上げないのは、法律上極めて難しい」と指摘。別の幹部は、ストーカー事件の個別の事情を配慮して住所や氏名をぼかすような指示はしていないとしている。
 三好さんは都内に住んでいたが、08年ごろに別の男性と結婚して逗子市に引っ越し、ストーカー行為を受けていた小堤容疑者に転居先や結婚後の名字を知られないよう生活していた。
 県警によると、小堤容疑者は三好さんが以前勤めていた会社に身内を装って電話したり、インターネットで情報提供を求めたりして執拗に住所を調べていた疑いがある。
 また、ネットの掲示板に、三好さんの夫の名前を挙げ「昔、お世話になった方を捜しています。詳しい住所が分かりません。ご存じの方がいらっしゃったらmailで連絡して下さい」との書き込みがあった。県警は小堤容疑者が書いたとみている。自宅から押収したパソコンなどを解析して経緯を調べている。
(略)


法律の規定があることなので、ただちに警察に落ち度があったとは言い切れません。ただし、実際に被害が出た以上、今後は法律の見直しや運用の改善を考えていくべきです。

気になったのは、なぜ警察を代表してマスコミに発言するのが副署長なのでしょうか。普通に考えれば、署長が話をすべきです。署長が矢面に立つことを避けたのか、部下が庇い立てをしているのか知りませんが、組織のありようとして不自然でし、みっともないと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle