FC2ブログ

【展覧会】はじまりは国芳 江戸スピリットのゆくえ

於:横浜美術館

この展覧会は、浮世絵師・歌川国芳(うたがわ・くによし、1797 寛政9~1861 文久元)をはじまりとして、国芳の近代感覚にあふれた斬新な造形性が、その一門や系統にどのように受け継がれ、さらに新たな展開を見せていったかを、江戸末期から昭和期の日本画、油彩画、水彩画、版画、刊本(かんぽん)などの作品、資料を通して探ろうとするものです。



学芸員さんのギャラリートークにも参加しました。正確にはギャラリートークを目当てにスケジュールをあわせて訪れました。この時の学芸員さんの説明によると、日本美術の流れをおうおうにして江戸期と明治以降を分断して理解してきた。この展覧会では歌川国芳とその系統の画業を軸に、連綿と江戸スピリットが受け継がれている、という美術史観で企画した、ということでした。

なるほどと思わせる視点でした。ただ、客の興味は国芳や月岡芳年といった浮世絵師に集まっていて、近代絵画の人気は今ひとつといったところでした。ギャラリートークもその辺りの
解説が主となっていました。

音声ガイドもいいですが、こうした生の学芸員さんの解説というのは一味ちがった勉強になりました。

太田美術館の「没後120年記念 月岡芳年」展の半券を持っていったので200円引きで入場できました。

参)【展覧会】没後150年 歌川国芳展(前期)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle