FC2ブログ

【時事問題】小沢氏共同代表の動議、嘉田代表が拒否 未来の党

朝日新聞の記事より

 日本未来の党の嘉田由紀子代表は25日、党両院議員総会で旧「国民の生活が第一」出身議員らにより可決された動議を「受け入れることはできない」とする談話を発表した。
 談話では、動議は「嘉田代表が提案した(阿部知子副代表を共同代表とする)役員人事案について了承しない」「小沢一郎議員に共同代表就任を要請する」とのもので、嘉田氏は両動議について「代表が動議採決に明確な反対を表明し、当事者である小沢一郎議員が欠席する中で強行に採決された」と批判。両動議の採決結果は無効とし、阿部氏の共同代表案について「撤回することなく、引き続き党内で合意を得られるよう努力する」としている。
 嘉田氏は24日夜、記者団に「小沢共同代表を受け入れたら、私の政治生命が終わる。(起用は)社会的な抵抗が大きすぎる」などと述べ、旧生活側の動きにも「小沢さんという首謀者がいないクーデターだ」と不快感を示していた。


ついこの間、小沢一郎氏と手を組んで新党を立ち上げながら「(起用は)社会的な抵抗が大きすぎる」と小沢氏を拒否する嘉田氏の姿勢は理解に苦しみます。「社会的な抵抗が大きすぎる」のは、私は真実だと思います。しかし、このタイミングで嘉田氏が言うことではありません。

そもそも、小沢一郎氏と手を組んだ段階で嘉田氏の「政治生命」は終わっていると思います。選挙に大勝して、一定の政治勢力を持てると考えていたのだとしたら、あまりにも世情に疎いといわざるを得ません。

ほぼ間違いなく、日本未来の党は分裂するでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle