FC2ブログ

【朝日新聞】「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く

4月23日朝日新聞朝刊に載ったファーストリテイリングの柳井正会長兼社長のインタビューより引用します。

 「世界同一賃金」は、社員のやる気を生むものなのか、はたまた「現場の疲弊」をさらに強めるものにならないのか。導入の狙いや、社員を酷使する「ブラック企業」との批判に対する見解を、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に聞いた。
(略)
 ――いまの離職率が高いのはどう考えていますか。
 「それはグローバル化の問題だ。10年前から社員にもいってきた。将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく。仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない」
 ――付加価値をつけられなかった人が退職する、場合によってはうつになったりすると。
 「そういうことだと思う。日本人にとっては厳しいかもしれないけれど。でも海外の人は全部、頑張っているわけだ」
 「僕が心配しているのは、途上国から海外に出稼ぎにでている人がいる、それも下働きの仕事で。グローバル競争のもとで、他国の人ができない付加価値を作り出せなかったら、日本人もそうやって働くしかなくなる。グローバル経済というのは『Grow or Die(グロウ・オア・ダイ)』(成長か、さもなければ死か)。非常にエキサイティングな時代だ。変わらなければ死ぬ、と社員にもいっている」
 ――「グローバル企業」として成功していますが、社員を酷使する「ブラック企業」だとの批判もでています。
 「我々が安く人をこき使って、サービス残業ばかりやらせているイメージがあるが、それは誤解だ」
 「大半が途中で辞めた人などの一部の意見だ。作業量は多いが、サービス残業をしないよう、労働時間を短くするように社員には言っている。ただ問題がなかったわけではなかった。グローバル化に急いで対応しようとして、要求水準が高くなったことは確か。店長を育てるにしても急ぎすぎた反省はある」
 ――売り上げは増やせ、その一方で残業はするな、では生身の人間は壊れませんか。
 「生産性はもっと上げられる。押しつぶされたという人もいると思うが、将来、結婚して家庭をもつ、人より良い生活がしたいのなら、賃金が上がらないとできない。技能や仕事がいまのままでいいということにはならない。頑張らないと」
(略) 


柳井氏は、年収100万円と1億円の層に分かれても仕方ないと言い、現にそのような賃金体系に移行しつつあります。

これでなぜ、自分達をブラック企業ではない(=労働者を安くこき使っていない)と言えるのか不思議です。柳井氏の持論からすれば、付加価値のつけられない労働者を安くこき使ってなにが悪い、となるはずです。

柳井氏は「グローバル経済」だの「エキサイティングな時代」だのと言っていますが、この種の経営者が労働者を搾取するのに知恵を絞るのはいまに始まったことではありません。

とてもではありませんが、これから就職する若い人たちには柳井氏の会社は勧められません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle