FC2ブログ

【言葉】後出しジャンケン

1月25日の朝日新聞朝刊に「都知事選、誰が出る 有力候補互いに牽制、相乗りも?」という記事が載りました。4月に行われる都知事選挙に情勢を分析したものです。この中で、なかなか立候補の意思を表明しない状態を「後出しジャンケン」と表現しています。

引用します。

4月の統一地方選の目玉・東京都知事選が告示(3月24日)まで2カ月になっても、有力候補が誰も名乗りをあげていない。自民は石原慎太郎知事(78)、民主は蓮舫行政刷新相(43)のカードで互いを牽制(けんせい)し、膠着(こうちゃく)状態になっている。最近の都知事選は「後出しジャンケン」が定番。「相乗り」への思惑も絡み、候補者が出そろうのは告示直前になる可能性もある。 

(略)

最近の都知事選は、立候補表明を遅らせた候補が有利な「後出しジャンケン」が定着している。1995年は「無党派旋風」の故青島幸男氏が、99年は石原知事が、いずれも構図がほぼ固まった3月10日に表明し、当選した。


「後出しジャンケン」とは、ジャンケンで本来同時に出すべき手を一瞬遅らせることで、自分が勝てる手を出すことです。これは、ジャンケンのルールに違反した卑怯な行為です。

一方、選挙では立候補受付を終了するまで事前に意思を表明する義務はありません。むしろ、事前運動めいたことをする方が倫理に反しています。

いままでの都知事選で後から立候補表明をした候補者が勝ってきたとしても、別に卑怯な行為でもなければルール違反でもありません。ここで「後出しジャンケン」という言葉を使うのは不適切です。読者の興味をひくためとはいえ、新聞はあきらかに間違った言葉をつかうべきではありません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle