FC2ブログ

【朝日新聞】朝日新聞投稿者に嫌がらせ ネットに個人情報、不審電話 その2


6月28日朝日新聞に、投書欄に投稿した人への嫌がらせがおきている、との記事が載りました。私は、嫌がらせを非難する一方朝日新聞は投書欄に個人情報を載せるべきでないとブログに書きました

このことで、7月4日朝日新聞の投書欄に反響が5件載りました。当然ですが、嫌がらせを擁護する意見はありません。また、私の意見と同じものはありませんでした。現在の声欄のシステム(職業・年齢・市区単位の住所・本名を載せる)を承知で投稿してくるわけですから、当然といえば当然でしょうが。

このうち3件を取り上げてみます。

まず、千葉の大学生(23歳)の意見です。

(略)
表現、思想並びに言論の自由は民主主義の根幹をなす原則だ。そしてこれらの自由を体現する場が新聞の投書欄だ。投書欄という民主的な言論空間に実名で意見を述べる者に対して反論があるなら、正々堂々とこの場に名乗り出て反対意見を主張すべきだ。
朝日新聞では、紙面の論調と異なる意見であっても掲載の道は開かれていると私は信じている。そして朝日新聞の読者も、相対する意見や議論をいつでも歓迎すると信じている。それが民主主義だ。


ここにあらわれているのは、実名を明かして投書する者は堂々とした態度である、との考えです。おそらく、朝日新聞も同様の考えで、現在のシステムになっていると想像できます。

しかし、嫌がらせをする人間をいくら非難したところで、実際の危険を避けることはできません。かたくな過ぎるように思います。

次に、名古屋の経営コンサルタント(67歳)の意見を見てみます。なお、この人は、ネットで検索したところ実名でBlogを公開していました。

(略)
私のホームページから番号を調べたという電話では見知らぬ人から激励されたことがあれば、別の投稿では強烈な反論を頂いたこともあった。また学校図書の予算が少ない現状をある投稿で知り、声編集部を通じて続いている手紙のやりとりもある。
 声欄はわれわれ読者が言論の自由を表現・論議でき、交流のきっかけともなる貴重な場だ。今後も実名で、厳然とした態度で投稿を続けたい。


この人の場合は、実名を出すことにヒロイックな意味を見出しているわけではありません。投稿を通じて、色々な交流を楽しんでいる風です。

交流は結構なのですが、嫌がらせの被害が出ていることに対してどう考えているのか今ひとつわかりません。嫌がらせも含めて「交流」ということで受け入れているのだとしたら達観しすぎて、少数意見のように思います。

最後に、元電機メーカー研究員(72歳)の意見をみてみます。

「本紙投稿者に嫌がらせ」(6月28日朝刊)に書かれていたような経験が私にもある。原発事故に関連して私見が掲載されたその日の午後、見ず知らずの男性からやや否定的な意見の電話をもらった。脅かしや嫌がらせではなかったのでそれなりに対応したが、なぜ電話番号がわかったのか聞くと「今どき、住所と名前がわかれば電話番号くらいすぐにわかる」と嘲笑され背筋が寒くなった。その日の夕方には、私見に賛成する男性からの電話もあった。
 こうした経験から投稿者の情報について提案がある。(1)住所は都道府県までにする。これなら簡単には電話番号がわからないし、それで十分ではないか。(2)年齢は10歳区切りの「○歳代」にする。これも、それで十分だし、女性ならずともこの方が何か救われる気分になる。(3)逆に「無職」は味気ないので元の職業を記す。元職が会社員なのか公務員なのか教職なのか自営業なのかで意見の裏付けが違ってくると思う。
 情報化時代を嘆くだけでなく、それに的確に対応して表現の自由を守るようにしていきたい。


この方の意見は、提起された問題に対して正面から答えていて好感が持てます。その上でいくつか反論します。

まず、投稿者の情報を最小限にしても、実名を出すという原則を変えないかぎり、人によっては簡単に個人を特定することが可能です。珍しい苗字や名前の場合です。原則は平等でも、結果が平等になりません。

また、元の職業どころか現在の職業も必要な理由が分かりません。確かに電機製品についての意見を述べるのであれば、「元電機メーカー研究員」という肩書きを出すことは意味があります。しかし、投書欄の個人情報をどうするか、という意見に、職業が必要だとは思いません。年齢や都道府県も必要ありません。文章で納得を得られるかどうかが問題なのであって、肩書きで賛成してもらうわけではありません。

もう一つ、気になったのは「その日の夕方には、私見に賛成する男性からの電話もあった。」とのくだりです。必ずしも電話番号を特定して電話してくるのは反対者ばかりでない、ということに驚きました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle