FC2ブログ

【朝日新聞】「複雑な解釈」

7月23日朝日新聞朝刊のオピニオン欄に神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏の寄稿「複雑な解釈」について

(略)
 今回の参院選の結果の際立った特徴は「自民党の大勝」と「共産党の躍進」である(それに「公明党の堅調」を加えてもいい)。この3党には共通点がある。いずれも「綱領的・組織的に統一性の高い政党」だということである。「あるべき国のかたち、とるべき政策」についての揺るがぬ信念(のようなもの)によって政治組織が統御されていて、党内での異論や分裂が抑制されている政党を今回有権者たちは選んだ。私はそう見る。それは民主党と維新の会を支持しがたい理由としてかつての支持者たちが挙げた言葉が「党内が分裂気味で、綱領的・組織的統一性がない」ことであったこととも平仄が合っている。つまり、今回の参院選について、有権者は「一枚岩」政党を選好したのである。
 「当然ではないか」と言う人がいるかもしれないが、これは決して当然の話ではない。議会制民主主義というのは、さまざまな政党政治勢力がそれぞれ異なる主義主張を訴え合い、それをすり合わせて、「落としどころ」に収めるという調整システムのことである。「落としどころ」というのは、言い換えると、全員が同じように不満であるソリューション(結論)のことである。誰も満足しない解を得るためにながながと議論する政体、それが民主制である。
 そのような非効率的な政体が歴史の風雪を経て、さしあたり「よりましなもの」とされるにはそれなりの理由がある。近代の歴史は「単一政党の政策を100%実現した政権」よりも「さまざまな政党がいずれも不満顔であるような妥協案を採択してきた政権」の方が大きな災厄をもたらさなかったと教えているからである。知られる限りの粛清や強制収容所はすべて「ある政党の綱領が100%実現された」場合に現実化した。
 チャーチルの「民主制は最悪の政治形態である。これまでに試みられてきた他のあらゆる政治形態を除けば」という皮肉な言明を私は「民主制は国を滅ぼす場合でも効率が悪い(それゆえ、効率よく国を滅ぼすことができる他の政体より望ましい)」と控えめに解釈する。政治システムは「よいこと」をてきぱきと進めるためにではなく、むしろ「悪いこと」が手際よく行われないように設計されるべきだという先人の知恵を私は重んじる。だが、この意見に同意してくれる人は現代日本ではきわめて少数であろう。
(略)


自民党を「綱領的・組織的に統一性の高い政党」に入れているところは納得できません。今回の参院選挙でも沖縄県の自民党は基地移転について、党中央と意見を異にしていました。共産党や公明党では考えられないことです。一般的には、自民党はかなり融通無碍な政党だと捉えられていると思います。

また、維新の会は確かに分裂含みですが、それは統一性が高いのが原因です。リーダーに逆らうものは容赦しないという姿勢が感じられます。おそらくそれが党勢拡大を妨げている理由の一つでしょう。

生活の党もきわめて統一性の高い政党ですが、敗北しました。

「綱領的・組織的に統一性の高い政党」が勝った、という前提に疑問があります。

次に、「綱領的・組織的に統一性の高い政党」の勝利が議会制民主主義の理念と矛盾しているというのも納得できません。

議会の中でさまざまな政党が意見を戦わせておとしどころを見つけるのが議会制民主主義の理念であることは同意します。しかし、その議会に参加する政党が政党内でバラバラの意見を持っているべき、ということではありません。

議会が「綱領的・組織的に統一性の高い」ことと、個々の政党が「綱領的・組織的に統一性の高い」ことを混同しているように思います。

この後、内田氏は日本人が政治にも「スピード」と「効率」と「コストパフォーマンス」を求めすぎている、と戒めています。この指摘については、当たっている可能性はあると思いました。

内田樹氏への言及は、ほかに以下のものがあります。
【朝日新聞】壊れゆく日本という国
【朝日新聞】わたしの紙面批評:領土問題の緊迫化
【朝日新聞】沖縄基地問題の報道
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle