FC2ブログ

【朝日新聞】日本たたき、いらだつ官邸

8月10日朝日新聞朝刊より。現状の日韓関係について官邸の空気を伝えています。普段伝え切れていない、官邸の韓国へのいらだちがわかります。

「ひどい国だ」(政府高官)、「けしからん」(首相周辺)、「むちゃくちゃだ」(外務省幹部)――。
 安倍晋三首相は日韓関係について「冷静かつ静かな雰囲気で、対話を通じ着実に発展させていきたい」と語る。ただ、政権内にはいま、「冷静」とはほど遠い韓国への不満が渦巻く。
 安倍氏は06~07年の前回の首相当時に比べ、歴史認識をめぐる言動で「自制に自制を重ねている。なのに韓国は竹島問題をこじらせておいて、対話の姿勢が全く見えない」(周辺)。首脳会談のめどは立たない。
 昨年8月に李前大統領が島根県の竹島に上陸し、日韓関係は悪化。安倍氏は昨年末に首相となり、修復へ動いた。大統領選に勝った朴槿恵氏に早期会談を呼びかけ、竹島問題で国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を見合わせている。
 米国も中国や北朝鮮への対応で足並みが乱れるのを危ぶみ、日韓に修復を働きかけた。北朝鮮が2月の核実験を機に挑発的言動を強め、日韓が対話へ動く中、歴史認識問題でまたボタンの掛け違いが始まった。
 麻生太郎副総理ら4閣僚が4月下旬、靖国神社に参拝し、韓国は外相会談をキャンセル。安倍氏の「侵略の定義は定まっていない」発言も飛び出し、韓国メディアは一斉に批判した。
 安倍政権をいらだたせたのは中韓の接近だ。朴氏は6月、歴代大統領で初めて日本より先に訪中。習近平国家主席と会談し日本を批判した。尖閣問題を戦前の日本の軍国主義にまでこじつける中国。連携する韓国に対し、日本側で「理解不能」との戸惑いが広がった。
 7月に米国で旧日本軍の慰安婦像が設置され、サッカーで韓国サポーターが日本批判の横断幕を掲げると、菅官房長官は記者会見で批判。外務省幹部は「官邸には、とにかく日本をたたく韓国丸ごとへの不満が募っている」と語る。
 一方、安倍氏の歴史認識をトゲと見る韓国は「ボールは日本側」(政府関係者)。朴氏は「加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わりようがない」と語る。日韓国交正常化は1965年。日本外務省幹部は「和解まであと950年もかかるのか」とぼやく。
 こんな日韓関係は米国で最近、サッカーに例え「ムービング・ザ・ゴールポスツ」と評される。互いにゴールをずらしてはシュートをよけ、試合が動かないという意味だ。
 (広島敦史)


米国での「ムービング・ザ・ゴールポスツ」との評の紹介が気になりました。おそらく慣用句で、両方が「ゴールポスト」を動かしているという意味だと思います。「ゴールポス(ツ)」と複数形なので。

しかし、記事を読む限り、また私の知る限り、ゴールポストを動かしているのは韓国だけです。日本はなにもしていません。

米国からみて日本が「ゴールポスト」を動かしているというのであれば、具体的な指摘があるべきです。。韓国がどうあれ、「ゴールポスト」を動かすのは反省すべきだからです。あるいは、米国の見解が、韓国だけが「ゴールポスト」を動かしている、というのであれば、誤解のないように、そのように記すべきです。

途中までは日韓関係の現状を要領よく記述していたのに、最後に「米国では~」という紋切り型のまとめをしてしまったために、不完全に見える記事になってしまったようです。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle