FC2ブログ

【朝日新聞】「やり返して良い」と教わった子、いじめ被害・加害招く 児童4割が経験 NPO調査

10月3日朝日新聞朝刊より。高浜行人記者のいじめ問題に携わるNPOの調査結果の記事です。

 大人から「やられたらやり返して良い」と教わった子は、そうでない子に比べていじめ被害や加害を経験しやすい――。テレビドラマの「倍返し」のセリフが流行する中、そんな調査結果が浮かび上がった。
 調査したのは、子どもをいじめによる自殺で亡くした遺族らでつくるNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(川崎市)。昨年10月~今年5月、講演で訪れた15都道府県の小中高校の8361人を対象にアンケートし、9月に結果を発表した。
 大人から「やられた時はやり返して良い」または「やり返すぐらいの強さも必要」と教わったことがあるかという問いに「ある」と答えたのは、小学生35・9%、中学生44・3%、高校生は50・2%だった。
 いじめの経験別に分析したところ、小学生でいじめの経験がない子で「やり返して良い」と教えられたのが28・2%にとどまったのに対し、被害経験者では37・3%、加害経験者では38・1%、両方経験がある子では44・7%に上った。
 同様に、中学生でも経験なしの子では37・5%だったが、被害、加害両方の経験がある子では半数超の54・2%を占めた。
 ジェントルハートの小森美登里理事は「『やられたらやり返せ』という指導はいじめにつながるだけでなく、連鎖させて問題を大きくする。間違ったメッセージであると大人に知ってほしい」と話した。
(略)
高浜行人


調査と結論が一致しません。

この調査結果から言えるのは、いじめにあっている子供はそうでない子供より、大人から「やり返せ」助言を受けることが多かったということだけです。

「やり返せ」と言われた子供が実際にやり返したかどうかも定かではありません。大人から何も言われなくてもやり返した子供もいるかもしれません。やり返した結果どうなったのかもわかりません。このような杜撰な調査からでは、やり返すことの適否を論ずることはできません。

調査にあたったNPO法人は思い込みが先行してしまったのかもしれません。しかし新聞社は冷静であるべきです。NPO法人を言っていることをそのまま書いているだけなら、報道ではなく広告というべきです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle