FC2ブログ

【朝日新聞】天声人語:1月9日

1月9日朝日新聞の天声人語です。

高校の日本史を必修にする検討を文科省がするという。そう聞いて14年前の1月を思い出した。時の小渕首相に「21世紀日本の構想」についての提言が出された。英語を第2公用語にすると打ち出して話題になったから、ご記憶の方もいるだろう▼義務教育を週3日に圧縮するという提案もあった。いわゆる読み書きそろばんは徹底的にたたき込む。その習得は国民の義務である。それ以外は各自の自由な選択に任せる、という内容だ▼実現性はともかく、教育のあり方を根源から考え直す姿勢が刺激的だった。国民を守るためにも国家が強いなければならない教育と、あくまでサービスとして個人を支援する教育。この二つを明確に分けよ。週3日論の背後にある考え方である▼提言の教育分野の座長は劇作家で文明批評家の山崎正和さんだ。直前に発表した文章では、より踏み込んだ主張を述べている。いわく〈国家は初中等学校における歴史教育を廃止すべきだ〉▼史実の評価や歴史認識は、国家間だけでなく専門家の間にも対立がある。そして、そうした異なる見解の数々は国民の間を自由に流通している。その一つを国家が選んで学校で教えることは、学問的には不誠実だし財政的には無駄だ、と。異論もあるだろうが、一つの線引きの仕方ではある▼日本史の必修化は「日本人としてのアイデンティティーを育てるため」と大臣はいう。日本人は一色ないし、日本史の理解も一様でないことを、くれぐれもお忘れなきよう。


日本史必修化の対象は高校教育であり、14年前の山崎正和氏の文章は「初中等学校における歴史教育」の廃止です。つまり、山崎正和氏の考えと今回の日本史必修化はかならずしも相反するものではないようにみえます。

それはともかくとして、日本史(歴史)の理解は一様ではない、という意見には賛成です。一様ではないから教育すべきでない、というのは極端ですが、歴史の評価が人により時代により国により千差万別だというのは正しい意見だと思います。

これを読んで、なんだか落ち着かない気分になったのは、「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない。国と国との関係でどちらから見るかで違う」という安倍首相の発言を問題視し続けているのが朝日新聞だからです(朝日新聞だけではありませんが)。

安倍首相の発言は、歴史の理解は一様でないという前提としたもので、天声人語子の意見と同じです。

天声人語子は、自分に都合のいいように意見を使い分けているように思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle