FC2ブログ

【展覧会】シャヴァンヌ展

於:Bunkamuraザ・ミュージアム

19世紀フランスを代表する壁画家として知られるピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-1898)は、フランスの主要建造物の記念碑的な壁画装飾を次々と手がけ、また壁画以外の絵画においても才能を発揮し、数々の名作を残しました。
イタリアのフレスコ画を思わせる落ち着いた色調で描かれたそれらの作品は、古来、桃源郷と謳われて来たアルカディアを彷彿とさせ、格調高い静謐な雰囲気を湛えています。また、その含意に満ちた奥深い世界は、象徴主義の先駆的作例と言われています。
古典的様式を維持しながら築き上げられたシャヴァンヌの斬新な芸術は、新しい世代の画家にも大きな影響を与えただけでなく、日本近代洋画の展開にも深く寄与しました。本展はこの巨匠を日本で初めて本格的に紹介する貴重な機会といえましょう。

公式ホームページより

黒田清輝が訪ねたことや、大原美術館に作品が所蔵されていることもあって日本では結構知られていた画家のようです。今ではあまり話題になることもなく、この展覧会が日本で初めての本格的な紹介となっています。

本来の活躍の場が壁画ということもあり、この展覧会では習作が多くありました。そのせいなのか人物のポーズもなにか不自然な感じがしました。正直に言えば、私には面白さがわからない画家でした。

会場内で30分ほどの紹介映像が流れていました。事前知識がほとんどない画家だったので、これは勉強になりました。

会場は、かなり空いていました。「ザ・ミュージアム」でこんなに空いていたのは初めての経験です。

3月9日までです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle