【新聞】天皇譲位と憲法

3月18日朝日新聞朝刊オピニオン欄。政治学者・原武史氏はインタビューで天皇退位の問題を語っています。

 ――特例法に向けて与野党が合意し、天皇の退位が現実味を帯びています。これまでの流れをどう見ていますか。
 「はっきり言っておかしいと思います。いまの憲法下で、天皇は国政に関与できないはずです。それなのに、天皇が退位の気持ちをにじませた発言をすると、急に政府が動きだし、国会でも議論を始めた。『お気持ち』を通して、結果的にせよ、国政を動かしています。私が知る限り、戦後、天皇が意思を公に表し、それを受けて法律が作られたり改正されたりしたことはありません
(略)
 ――本来、どういう過程だったらよかったと考えますか。
 「日本国憲法の国民主権の原則との矛盾を避けるには、あらかじめ国民の中に『天皇の年齢を考えると、そろそろ退位してもらい、皇太子が即位した方がいい』という意見が広がり、その国民の『総意』に基づいて、天皇が退位するという過程をたどることでしょう。憲法は天皇の地位を『国民の総意に基づく』と定めています」
 「あるいは、その総意を受けて、国民の代表である国会議員が退位を発議するという形でもいいかもしれません」
(略)
 「政府の有識者会議の委員、あるいは会議に呼ばれた専門家の中にも、私と同じような疑問を抱いた人はいたようです。発表された会議の論点整理には、『天皇の意思に基づく退位を可能とすれば、そもそも憲法が禁止している国政に関する権能を天皇に与えたこととなるのではないか』『仮に、今上陛下の御意向に沿って制度改正したということとなると、憲法の趣旨に反するのではないか』といった記述があります」
(略)


法律論として、原氏の指摘する懸念は理解できます。

しかし、その解釈はあまりにも原理主義的すぎるように思います。

仮に、原氏の考える理想的な過程(天皇譲位を、国民が発議し国会が決める)を辿れば、天皇自身の意思とは無関係に譲位が決まることになります。途中で意思を確認すること自体許されません。つまり譲位の意思がなくても譲位が強制されます。憲法の規定で天皇は国政に関する権能を持っていないからです。

つまり厳密に憲法を解釈すると、天皇にはなんの自由意志も認められないことになります。

憲法を厳密に解釈しすぎるのは、かえって普遍的に守るべき価値観に背いているように思います。

【展覧会】「ゴールドマンコレクション これぞ暁斉!」展

於:Bunkamuraザ・ミュージアム

幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎の展覧会です。

日本より先に海外で評価が高まったらしく、多くの作品が流出しているようです。その中でも、有名とされるゴールドマンコレクションからの出展です。

テーマ別に展示してあり、多彩な画業がわかる工夫がされています。

春画のコーナーもありましたが、特に18歳未満は入れない、というわけではありません。普通に見られます。濃厚な春画ではなく、ユーモアー系の絵ですので、そういう扱いにしたのでしょう。それにしても、最近は春画も市民権を得てきたのか、おおっぴらになってきたように感じます。

4月16日までです。

【朝日新聞】「ヒトラーのように」

3月17日朝日新聞朝刊、スポーツ欄。「ロシア排除「反対」 国際スキー連盟会長、平昌出場巡り」という記事です。

国際スキー連盟のカスパー会長は16日、国ぐるみのドーピング違反が発覚したロシア選手団の平昌五輪出場について、「潔白な人を処分することには反対だ」と全面締め出しに否定的な考えを述べた。
 ロシアは昨夏のリオデジャネイロ五輪で世界反ドーピング機関(WADA)から全選手団の締め出しを勧告されたが、国際オリンピック委員会(IOC)は陸上以外は、各競技の国際連盟の判断にゆだねた。カスパー会長はIOC理事でもあるが、IOCは平昌五輪については判断を先送りしている。
 カスパー会長は「ヒトラーのように個々の行為の有無を問わず、ユダヤ人はすべて虐殺されるべきであるかのように(全面的に締め出すのは反対だ)」などと、第2次大戦中のナチス・ドイツのユダヤ人大量虐殺を引き合いに出した。その後、IOC広報を通じて「不適切で無神経なコメントで率直に謝罪したい」との声明を出した。(平昌=稲垣康介)


ドーピングに関係していない選手を処分するのに反対だ、というのは、それはそれで真っ当な意見だと思います。これだけなら「無神経なコメント」ではありません。

謝罪に追い込まれたのは、ナチスのユダヤ人虐殺をたとえ話に使ったのが理由だと思われます。

しかし、これも奇妙なことです。ヒトラーのユダヤ人虐殺は良くないこと、という文脈で持ち出しています。

誰が、何で怒っているのかよくわかりません。

昔、ブログでこんなことを書きました。

これも、何を怒っているのか分かりません。

この二つから導かれる教訓は、たとえ話でナチス関係を持ち出すのは危うい、ということだけです。

【アニメ】この素晴らしい世界に祝福を! 2期

原作は読んでませんが、1期は観ていました。

1期の面白さをそのままに持続しています。難しいことは何も考えずに毎週笑える良作でした。

設定がどうのこうのというものではないので、感想を細かに書くのは難しいのですが、万人に薦められます。

ただ、2期になって絵が時々悪くなっているのが気になります。2期の1回目を見たときは、かなり心配になりました。最近は劇場アニメもさかんですので、日本のアニメ界は供給過多で人手が回ってないのかもしれません。

【時事問題】稲田防衛相の答弁

「森友学園」の代理人弁護士を稲田防衛相が務めていたかという問題で、当初稲田氏は「裁判を行ったことはない」と言い切っていました。しかし、大阪地裁の記録が見つかると、一転して、発言を撤回しました。

「森友学園」が国有地売却で疑惑に包まれているにせよ、弁護士として契約していたことは違法でもなければ倫理に反することでもありません。

弁護士の仕事はよくわかりませんが、個々の裁判に出廷したかどうかを記憶していないというのもあり得るのかもしれません。

しかし、稲田氏の発言は問題です。政治家が、事実を確認することなく言い切ってしまったら、後で撤回して済むことではありません。

現民主党党首の二重国籍問題と似ています。それ自体は違法でないとはいえ、よく調べもせず言い切り証拠を突きつけられると撤回、という人に国政をまかせる気にはなれません。

いさぎよく辞任すべきです。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle